Img_fbaeff68fc23fa684d9a924be14ea277771fb33b
お参り
Img_f7e8edc0261b05f40d3f53d426b1bd5b917085b3
おかめ
Img_c212de34820f70746cc5df820dc2d0d81597e455
初陽
謹賀新年|あけおめ!!
Img_98412ccc076404109d2f349aacd6445cd1a8d47a
正月は
Img_101c9c4eebe962d81fbf9c5233706cdab19d1c7a
つい食い過ぎてしまうわぃ
Img_d005a574b61e1c657a693198334b5c2b64335f8d
HAPPY BIRTHDAY TO ME
Img_420212cf32916feef80fc53208142773f5934085
ずっと行きたかった浅草寺
Img_b480e85075eaa0336a72df53b00a0b9a4211670f
予想以上に大きくてビックリ
Img_9256a80c17857753275826bb87ef02c5d386a0e8
アサヒビール本社にもビックリ
Img_124d75f177bc09ff994fba6e0066ce6e3a289bae
成人式だもんね
Img_227dc90cc3e29c0909a63952130bc8a95abacc8e
地球創世
Img_5932742fa5f0f23f115ed3253d96cc77e41d82fb
「永遠の存在者」パケ写ロケ地
Img_ecac13d5d81e3578bb22712ffab11a9d72e92049
なんか変な建物だな。。
Img_a291bc4fcd9c9526698ebf9c813a9217144e383b
奥に入ったら。。元銭湯!?
Img_25435c8db84a9e5c6db563c1f83169c140ed13f8
帰り際に「こんにちは」。
Img_95ffc59c5a8f5d7357cadd5aa632bb27fbe1fd78
2羽の鳥と雪の空。
Img_a76f446bbb3c349ec684bcece1cbd820a15c4601
ぶす猫ちゃん発見!
Img_429038bb4b1a84b879f804b558eb5288f20a8bd2
近づいてきたぞ!?
Img_3bcea64d227b022f0c6d653e4a1e6569629bc4fe
わかった!わかった!かわいいってば!!
弟に誕生日プレゼントでもらった「デジタルハリネズミ2」を試し撮り。
なかなか面白い写真が撮れそうだ。
↓ ↓ ↓ これ!↓ ↓ ↓

Img_5a9e6d028ff6fa603598b56d9e2026274be89b60
こんな寒い日は「おでん」なんかいかかですか?
Img_8f4e117da3ff9f0a767d58cdee925fa43102a440
湯気に癒されます。
Img_117ad092199824491f840aec2fc97cd660a144b9
水辺が好き。
Img_c22efa29e5f0e893175e07c2862e5440dffb619f
こんなところにも小さな命が。生命の息吹を感じた、そんな昼下がり。
Img_b1d18b026e77aebb6477102aa59d214a5df64fc8
夕立雲
Img_301b6118fcd8d2c0cce595546650c96874983d2b
某月某日。
水溜りもうっすらと凍る冬の朝。
陽の当たる場所を探して歩く。歩く。。歩く。。。
程なくして小さな祠が。


んっ!!祠の守り神現る!
動けない。。。一瞬即発のにらみ合い。
そして、寒い。。。
お天道様も雲に隠れ、こちらの様子を伺っている状態だ。
Img_1b810ef8874c404ec0040d5abf82e75fbab74d5f
その面構え。むむむ、おぬし只者じゃありゃせんな。。。


その時でした、お天道様が祠に微笑みかけたのです!
暖かいな~~~。
Img_15a05810d26276238da2d25d83d3e4554d7ac4ae
流石の守り神もお天道様にゃ敵わない。
その後、仲良しになったのは、言うまでもないことである。
Img_6e5f11688fb0aea1638e9954f8ded8ebbead4a3c
某月某日。

「石~焼~きイモ~」とマンション2棟先くらいから拡声器の歪んだ声がした。
少し前だったらなんとも思わなかった焼イモ屋も、
今は敏感に反応するようになっていた。
そしてもうひとつ不思議な感覚が後に。。。

事の始まりは某公園である。
そこへはアイデアを練る為、頻繁に出かける。
いつものオヤツは公園内にあるボロボロのお店で「おでん」と「甘酒」を頂くのだが
何故かその日だけは焼きイモ屋に目が止まった。
不機嫌そうなおじさんがイモの世話をしている。。。こ、こわい。。。
焼きイモの相場がわからない。。。騙されまいと思い少し様子を見る。
そして恐る恐る「300円くらいで食べれるんですか?」と聞いてみた。
無言のままホイと出てきた焼イモは、まぁ立派な大きさのものだった。
ほどなくして、その300円のイモに噛り付いたとたん「ウマ~!!」と叫んだ。

それからというもの焼きイモ屋を、自ら探すようになってしまったのである。
寝起きのボサボサ頭のまま、急いで玄関を飛び出しエレベーターのボタンを押した。
来ない。。。来ない。。。エレベーターが来ない!!
拡声器の声が小さくなっていく!!
「イシ~ヤ・・・イ・・・・・」
チン! それぃ~と飛び乗り、イライラしながら扉が開くのを待つ。
ロビーに着いたころには、もう声は聞こえなくなっていた。
大急ぎで自転車をこいで、辺りを30分近くも探したが焼きイモ屋さんは何処へ。。。

そしてその時、不思議な感覚に。。。心地よいノスタルジックな感覚。
それはまさに幼少の頃大好きだった「江戸川乱歩」作の「少年探偵団」の世界だった。
よく友達と当てもなく自転車をこいで「怪人二十面相」を探した
「少年探偵団ごっこ」と何故か重なったのである。

イモは買えんかったけどね。
Img_f459e42a35e091881c61fac26da2706c9db06a2b
Img_da0fb158e8b61557b456ee24526c1b7969bd0b27
Img_732b8d08ca88b9931abaa45d999b5c329fc847af
Img_1f2eea9e889ff3ab8b523918c9fd6078c8bdd9b3
Img_8a8a0552d6b8d3df9f645f1122e716ba60795652
Img_fb76f8b1f180f525c4637f980047c73871afff7f
Img_adeb390dc944ab2f98f9e9209d58645fa86b5304
まだ家に来て3日の頃。
Img_e005a922201af96db0bedff06c7149220170a67d
心配そうに匂いを確かめていた。
Img_38cf0e1e3737ba500948e0f41db2060001043c02
君はまるで手毬ちゃん。パコと名付けた。
Img_6ae775523b6d5ae1851e547414518b2e92e4ca8f
某月某日。大学の友人からのお誘いでロウソク展に来ております。
Img_4fbed0ec0c46cb15ff34359f91e719d1a5d600d7
Img_69f3ede34d8b3642b8b9896e0781848a6a71d4cd
光の中に現れる、いろいろな色、形。素敵だな。
Img_3946868ae12b0414297272819de822b0ac6d942a
なんと!タレくまさん発見!?
Img_8d9534ba77bea3bfe2f37d58cfe8aea7793f275f
どうやら、リンゴが食べたいらしい。
Img_50ba04cdff8347e64b427e3c0fac9f1e5970c803
届かない。。。早々に断念した模様。。。
Img_c58f6afd4cb280dc05f73b0c68fae127037c1377
ロウソクに灯る火に癒された、素敵な一日でした。
Img_71d264411dad5e0389be13893a07d5c830e3091d
Img_ccb2c5208a36f7e8014bd7ed28bab20fa69fe4b1
新宿の空。
Img_3674938bb3ccdc9a8dd511f505f8ff83192fcb0a
Img_fe95cbf9a60e5e9b672ec38f5cee17a5b3818578
Img_7b66b55e171ead52ef1aaf9e97cdd933df0a52dc
時をかける。
Img_43dd2bc4bfc36ef10aed12f0dd494b5b7436c1d8
Img_3aa299f5937a7527c966ade84e7513d5faee5fa9
Img_167c2f3461863dbccf0f3aa532941c0e30b9e870
いつも真冬に咲くバラがあるのです。
いつも元気に咲いているのです。
小学校のそばでいつもみんなを見守ってくれているのです。
Img_4df9b9eae973ae8436989d290f649f543f7a0d87
Img_804dd93fa039bcda4302c118fc5363b92c078998
眠いのかな??
Img_adc1743f3556f77c21ebcceaad452f3d7c7dba36
パコ曰く「眠くないですけど!何か??」
Img_40ecf3d30c1a48083c50633cebe4128903baa92b
我が家では愛用のカメラのとこにコイツが座っております。
Img_35357abc94bbc0451de87c94003177099131ce14
この情けない顔がたまらんのです。。。
Img_7b903210bb36096ec0711d96f3ce3beebdd60b34
鎌倉の仲良し3人組も
Img_96da786e118aa148e37cb19bcb2d5806ea2f6cbf
ワンちゃんもみんなお日様が好きなのです。
Img_335983c233fbfb7a78c1bf354df9aeb0a576b738
見~つけた!
Img_6d0270248e3cdd22f09ae957338fac4b84f6dae4
見~つけた!!
Img_5b967babdf282097d9ec6262f1457ea95b04c760
見つかった。。。
Img_3022ade8df6bd5224b92b87434bd1b499b45821b
Img_70512cbe6af65f7784827e9c00c13877c93fcbed
某月某日。
友人(陶芸家)の新築祝いを兼ね
おわらの里・富山県富山市八尾町へ。

「おわら風の盆」へ行かない?と誘いを受ける。
どんなものか分からなかったが
伝統的な盆祭りというので興味が沸いた。

伝統的な古民家の町並みが素晴らしい。
夜ここで盆祭りが行われると言う。
さぞかし幻想的な祭りなんだろうと興奮していた。
Img_15433f61f4c57ad797d3a6680567c88af99dbf13
町をぶらぶら歩いていると。
何やら哀切感に満ちた旋律が。
音のする古民家を覗き込んでみると。
何とそこには。。。

踊りのお稽古。

こうやって「おはら」は踊り継がれていくんだなぁ。
Img_4f4980a67dafeffda5d16da8b21b3a70407b71d5
Img_5e34c77119f61a95d09ecfc08c0964da0ac6c1d9
そして夜。

未来の踊り手たちも一生懸命だ。

唄、踊り、衣装そして町並み。
その全てがあって初めてこの幻想的な祭りが、そこに現れる。
ほんとに突然ポンと現れる。
「狐に化かされる」感じと言っても良いかもしれないなぁ。
Img_371e04fd31a797ffa3b2b19b8c6d9d5d6e63b148
Img_8bdfeaeb81232077d4cf2f6c81949a504bb0d1f8
友人K君。
凄い素敵なお家でした。
お邪魔かもしれないけど、また今年も宜しくね。。。笑